琉球王国時代から受け継がれてきた伝統の技、首里織の展示会が、那覇市で開かれています。

首里織はおよそ500年前、東南アジアや中国から琉球王国に伝えられ、王族や貴族の衣装として知られる格調高い織物です。展示会場には、一つひとつ手間をかけた定番の着物や帯のほか、アクセサリーなど600点が展示・販売されています。

会場中央に展示されているこちらの着物は花蒼織。深い色合いでコバルトブルーの光沢があり、見る人を魅了しています。会場には首里城再建の募金箱も設置されているほか、売り上げの一部は那覇市に寄付するということです。

首里織展示販売会は、11月24日、日曜日まで、那覇市のぶんかテンブス館で行われています。