県内外、そして国外の企業とのビジネス交流を目的としたイベントが2019年も開催されます。

オキナワベンチャーマーケットは、県内外、また国外の様々な企業が交流し新たなビジネスを創出するきっかけを作ることを目的に開催され、2019年で10回目です。2018年は県外から44社、台湾を中心とする国外40社などあわせて201社が参加し、普段交流することが少ない異業種の企業が交流する場となりました。

オキナワベンチャーマーケット事務局長の髙山征嗣さんは「沖縄で事業を展開したいという方は非常に多くいらっしゃいます。こういった方々と沖縄の事業会社さんの橋渡しをしたい」と話しました。

オキナワベンチャーマーケットは、2019年8月1日から参加企業の募集が始まっており、11月21日から2日間開催されます。