航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機が11月19日午前、嘉手納基地に緊急着陸しました。自衛隊機の嘉手納基地への着陸は2018年度だけでも6度を数えています。

航空自衛隊によりますと19日午前9時ごろ、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機が嘉手納基地に緊急着陸しました。この機体は午前8時20分に那覇空港を離陸しましたが、離陸直後に油圧系統の不具合が発生し、8時29分に緊急事態を宣言していました。乗員は1人で、けがなどはありませんでした。

自衛隊機の嘉手納基地への着陸は2018年度に入ってこれで6度目です。航空自衛隊では整備の担当者を嘉手納基地に派遣していて、機体は整備が終了して安全が確認され次第、嘉手納基地を離陸するということです。

自衛隊機をめぐっては、ことし7月にも那覇基地所属の早期警戒機E2Cが那覇空港に着陸後にパンクし動けなくなり、滑走路が閉鎖され大きな影響を与えるトラブルを起こしています。