那覇空港滑走路で自衛隊機トラブル

那覇空港の滑走路で自衛隊機がトラブルを起こし、滑走路近くで立往生していることがわかりました。

那覇空港滑走路の北側で、自衛隊機がトラブルを起こしています。防衛省によると、機体は航空自衛隊の早期警戒機E2Cで、何らかの理由で動けなくなっているということです。ケガや火災の情報は入っていません。

午後5時40分に滑走路が閉鎖され、民間機が着陸できなくなるなど、支障が出ています。

航空自衛隊那覇基地所属の早期警戒機E2Cは、着陸する際に何らかの原因で、前輪と左側のタイヤがパンクしたということです。

5人が乗っていましたが、けがはありません。滑走路は現在も閉鎖されています。現在、機体の牽引がはじまったようです。