知事選に古謝景春さんが出馬意欲

11月の知事選に向け、自民党側から手を挙げている、前の南城市長の古謝景春さんが出馬に強い意思を示しました。

前南城市長の古謝景春さんは「私はいかなる厳しい状況になろうとも、選考委員会の決定を尊重し、私に決定が下されたら出馬する強い意志がある」と述べました。

会見した古謝さんは先日、自民党県連の幹部らが佐喜真市長に対し、知事選出馬を促すような挨拶をしたことについて次のように述べました。

古謝さんは、「私は批判するつもりはございませんけれども、実質的に手続きの中ではちょっとまずかったんじゃないかということも、支持者の中から相当の批判がございます」と述べました。

古謝さんは、候補者選定委員会のあり方について、「開かれた議論が大事で、手を挙げている個々人の考えを、公開の場で聞くことを期待する」と訴えました。