5・15平和行進最終日

平和な沖縄を求めてアメリカ軍基地の撤去などを訴える5・15平和行進が、13日、最終日を迎えました。

平和な島の実現を訴えて3日間かけて行われる5・15平和行進。最終日の13日は県内外からおよそ1300人が参加し、午前9時半ごろ、宜野湾市民会館をスタートしました。

強い日差しが照りつける中南北のコースに分かれ、普天間基地の周りを囲むようにして歩みを進めています。

参加した男性は「全国からたくさんの仲間も来ていますから沖縄だけじゃなくて全国で沖縄の問題、日本の憲法も含めて一緒に考えながら歩きたいと思います」と述べました。

13日、午後1時半からは宜野湾市の海浜公園でアメリカ軍基地の撤去などを求める県民大会が開かれます。