辺野古埋め立て工事半年で海上抗議

名護市辺野古の新基地建設で、護岸工事が始まってから25日で半年。海上では、新基地建設反対を訴える抗議活動が行われました。

海上での抗議行動は、護岸を埋立てる工事が始まってから25日で半年となることから行われたもので、辺野古の浜には朝からおよそ150人が集まりました。

参加者たちはカヌーおよそ80艇で沖に出て、工事が進められている現場近くの海上で「美しい海を埋め立てるな」などと、反対の声をあげました。そして、参加者全員で、埋め立て工事を阻止するまで団結をしていくことを確認しました。

辺野古の埋め立て工事は、4月に始まった場所とは別の場所でも護岸工事に向けた準備が進められています。