ソフトターゲットテロ対応訓練

アメリカで起きた同時多発テロから16年となる9月11日、不特定多数の人を狙ったテロ対応訓練が宜野湾市で行われました。

宜野湾警察署や沖縄コンベンションセンターが共同で実施した訓練には、およそ30人が参加しました。訓練は、不特定多数の人が集まる展示棟の敷地内で警備員が不審物を発見したという想定で行われました。

警察官が周囲を規制して、機動隊へ出動を要請、駆けつけた機動隊員が、爆発物と見られるものを回収して処理を行い、参加者らは真剣な表情で手順や連携を確認していました。