県内初 タクシーでCM動画配信

出張先で見かけたことがありますが、沖縄でも始まるそうです。タクシー車内でのCM動画の配信サービスが、県内でも7月から本格運用されます。

CM動画の配信サービスを始めるのは、県内のタクシー業界最大手の沖東交通グループです。県内のベンチャー企業と業務提携を結び、3カ月間の試験運用を経て、およそ350台に端末を取り付けて7月1日から本格運用します。

大きさ8インチのタブレット画面では「広告」や「映画予告」の動画が楽しめ、広告を乗客の年齢層や地域ごとに合わせたり、海外からの観光客には字幕を付けた上で提供するということです。

沖東交通グループの新垣聖達営業促進部長は「お客様が利用する際に、長時間になる場合は、この映像で楽しんで頂いたり、コマーシャルを頂いている皆さんの割引とか、そうしたものがお客様への還元となっていくかと思う」と新サービスに期待を寄せていました。

今後は、年内を目標に海外旅行者向けの同時通訳の機能のほか、県内の利用者にはゲーム形式で楽しむスポンサー割引といったサービスの充実を図りたいとしています。