戦地からの便り

沖縄で戦死した兵士が、家族に送った絵手紙の展示会が那覇市の歴史博物館で28日から始まりました。

この企画展は、福岡県出身で沖縄戦で亡くなった伊藤半次陸軍兵が家族に送った絵手紙を通して沖縄戦を知ってもらおうと開かれたものです。

伊藤半次氏の孫、伊藤博文さん「一人一人に命があって、色んな思いを持ちながら当時生きていたっていうことを知って頂きたいなと思っています」

会場には絵手紙のほか、日本兵の所持品や沖縄戦当時の写真などおよそ200点が展示されています。この企画展は6月27日まで開かれています。