2017年春の褒章受章者が4月28日、発表されました。沖縄県関係者は10人が受章しています。

業務に精励し、他の模範となるような技術を有する人に贈られる黄綬褒章は、琉球エアーコミューター機長の後藤喜一郎さん、行政書士の島袋秀光さん、染織製作技術者、桃原秋子さん、日本トランスオーシャン航空品質保証部長又吉建夫さん、琉球海運会長山城博美さんが受章しました。

公共の事務に尽力した人に贈られる藍綬褒章は、生活衛生功績として伊添一成さん、元小売物価統計調査員具志律子さん、保護司の高江洲光子さん、保護司の玉城忍さん、元家計調査員友利洋子さんが受賞しました。