那覇と神戸の中学校が交流でハーリー体験

4月27日那覇市内の中学校でこんな交流会が開かれました。

校歌で歓迎され那覇市の寄宮中学校にやってきたのは神戸市の友が丘中学校の3年生130人です。修学旅行で訪れていて沖縄の文化に触れたいと今回の交流会が企画されました。神戸の中学生たちが体験したのはこれから県内各地で行われる「ハーリー」

2015年の那覇ハーリーでは男子が決勝に進出している寄宮中学校、5月の大会本番をめざし、現在毎朝7時前からおよそ1時間練習に励んでいることから4月27日は、神戸の中学生に櫂さばきのコツ伝授しました。

体験した生徒は「(櫂を)引く時に水が重かった」「水の重さとかがすごい手に伝わってきて、すごい重くてしんどかったです」「(寄宮中では)朝から(練習を)やっているって聞いてびっくりしました」などと話していました。

最後はサプライズで登場した寄宮中3年の生徒5人が歓迎のオタ芸ダンス。

ダンスには、神戸の中学生も加わって大盛り上がり!沖縄を満喫してほしいというおもてなしの心がこもった楽しい交流会となったようです。