職場での働き方を見直すための新しい取り組みが県庁職員に発表されました。その名も「イケ!ボス」宣言です。

県庁内で放送された動画で翁長知事は「イケボス宣言。私は沖縄県庁で働く職員一人一人が仕事と私生活の両立を図れるよう全力で応援するとともに自らも仕事と私生活を楽しむイケてるボスとなることをここに誓います」と話しました。

県庁が「イケ!ボス」宣言

職場の環境づくりなどに積極的に取り組む「イケてるボス」を県庁に普及させようと知事が宣言したのは「イケボス宣言」街でイケボスを探してみました・・・

街中で男性は「(Q.イケボスってご存知ですか?)知らないです。(Q.仕事を一生懸命やって私生活も楽しむイケてるボスということなんですが職場にいらっしゃいますか?)いますねいっぱいいますね。そういう方がいれば職場が活性化する」

別の女性は「私が店長で私生活も楽しんでいるので私です。仕事も遊びも全力です」

別の男性は「今はまだイケボスではない。格好いいというか憧れというか参考にしたい」と話しました。

一方で、2年前から、イケボスならぬ、「イクボスプロジェクト」を推進し、講座などを開催してきた玉那覇さんは。

県庁が「イケ!ボス」宣言

ファザーリングジャパンの玉那覇敦也さんは「ボスの重要性があるだろうということでイクボスプロジェクトを立ち上げて。おそらくは働き方を変えていくために管理職が果たす役割が大事だということだと思うので、そこはイクボスもイケボスも同じ方向性かと思います。ぜひ県と協力しながらイケボス、イクボスを推進していきたいと思っています」

ファザーリングジャパンの玉那覇敦也さん「(Qご自身はイケボス?)はい!イクボスになろうと頑張っています」

今回の宣言について県庁職員は「今回の取り組みというのは県庁内のものですがこの取り組みを通じて県庁外でも広がっていけば非常にいいことだと思います」と話しました。

仕事と私生活の充実を自ら実践する、イケボス。皆さんの職場には、イケボス、いますか?