いけばなインターナショナル世界大会開幕

いけばなの愛好家が一堂に会する世界大会が、12日から宜野湾市で始まりました。

会場には三大流派の家元の作品のほか、国内外の会員およそ1000人が手掛けた296点の作品が展示されています。

中には、沖縄独特の花木を用いた作品も並び、訪れた人たちの目を楽しませていました。この世界大会は15日土曜日まで開催されています。