16-04-14-02

アメリカ軍が嘉手納基地内で計画する新たな施設の建設について、基地周辺の3つの自治体でつくる三連協」が計画の即時撤回を求めました。

13日、アメリカ総領事館を訪れたのは、嘉手納町、北谷町、沖縄市でつくる「三連協」です。

要請では、アメリカ軍が嘉手納基地内で計画している駐機場の拡張や、新たな格納庫の建設などについて「大幅な基地機能の強化になることは明らかだ」と指摘、計画の即時撤回を求めました。

嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会・野国昌春会長「回答は負担軽減になりますよ、騒音も軽減されると思いますよと、こういう回答に終始していますので」「納得はしません。」

応対したジョエル・エレンライク総領事は「要請内容を東京のアメリカ大使館に伝える」との回答にとどまったということです。