有効求人倍率が過去最高値更新

11月の有効求人倍率が本土復帰後、最高値となりました。

沖縄労働局によりますと、11月の有効求人数は2万5423人、求職者数は2万7948人で有効求人倍率が0.91倍と復帰後、最高値を更新しました。

産業別にみると生活関連サービス業、娯楽業そして宿泊業、飲食サービス業の順で求人数の伸びが大きくなっています。

また、完全失業率は4.2%で、2014年の11月に比べ1.0ポイント改善しています。