15-12-21-009

子どもたちのために役立ててほしいと、県内のクレジット会社が那覇市の学習塾に20万円を贈りました。これは、「りゅうぎんディーシー」が、2010年から毎年行っているもので、福祉や環境保全など、地域に根ざした活動をする個人や団体を対象に支援金を贈るものです。

今回は那覇市で、低所得世帯の子どもたちの学習支援をしている「小学生ユイマール塾」に対し、支援金20万円が贈られました。

贈られた支援金は、子どもたちの資料代や教室の使用料に充てられます。りゅうぎんディーシーでは、これまで35の個人や団体に、540万円あまりを贈っているということです。