15-12-14-007

県内の女子サッカー「ヴィクサーレ沖縄FCナビィータ」が日本女子サッカーの最高峰「なでしこリーグ」への参入を目指して本格的なチームの強化に乗り出します。

2006年に発足した「ナビィータ」は県内の小中高生を中心に若手選手42人が在籍し、今シーズンは県内リーグで優勝し3連覇を果たしました。来シーズンから沖縄銀行とリウボウグループがスポンサーとして支援をすることになり国内女子サッカーの最高峰「なでしこリーグ」への参入を目標にチームの強化に乗り出します。

ヴィクサーレスポーツクラブ・加藤久理事長は「必ずやナビィータをなでしこリーグに上げて。日本の代表選手となるような選手を育てなければいけない」と話していました。

ナビィータでは2016年1月10日に入団のための選抜を実施し来シーズン、なでしこリーグの3部に相当するチャレンジリーグ参入戦への出場を目指します。