宮古の車エビ出荷始まる

お歳暮用の車エビの出荷が宮古島で始まっています。12月1日、宮古島市平良狩俣にある養殖場では、お歳暮用の出荷に合わせた作業が行われていました。出荷初日の1日は、重さおよそ150キロの車エビが1キロずつの重さに分けられ、箱詰めされていきました。

箱詰めされた車エビは、このあと、東京や大阪、名古屋など全国各地の市場へと送られていきましたが、この養殖場によるとこれから年末にかけ、お歳暮の注文は増えてきて、12月下旬には、1日の出荷が1トンを超える日もあるということです。この忙しさ、年明けまで続きます。