糸満ロータリーが変わりました

糸満市にある「糸満ロータリー」の交通方法が3日から変わりました。

大矢英代「時刻は午前6時を回りました。信号機がなくなった糸満ロータリーに今、最初の車が入ってきました。ゆっくりと時計回りに進んでいきます」

糸満ロータリーは3日から信号機の無い時計回りの環状交差点「ラウンドアバウト」に変わりました。

糸満ロータリーは数年前、道路整備のため十字路にする案が出されましたが「沖縄本島で唯一残っているロータリー式交差点として形を保存したい」と糸満市から要望があり、県内初となるラウンドアバウトが導入されました。

県は2016年3月末まで実験的に行い、その後、必要に応じて改善していく方針です。