15-09-07-06s

さて、この最後の集中協議を受けてついさきほど名護市の稲嶺市長が会見を開きました。稲嶺市長は「なぜ沖縄県民が基地に対する反対の意思を持っているかは、国として分かるべきだ、しっかり受け止めるべきだと事細かく主張してきたが、全く受け入れられなかった」と話しました。

お伝えしましたように集中協議は決裂という形になりました。知事は、今後、取り消し承認に向け具体的な手続きに入るとみられますがそれを宣言するタイミングにも注目が集まります。