15-06-23-003

23日、追悼式の終了後、安倍総理は「沖縄の基地負担の軽減は進んでいる」と述べました。

追悼式の終了後マスコミの取材に答えた安倍総理は沖縄の基地負担について「普天間の固定化は断固としてあってはならない」とした上で翁長知事が辺野古移設に反対していることをふまえ次のように述べました。

安倍総理「沖縄全体の基地負担軽減は進んでいるということも含めて沖縄の皆様に知事を始め沖縄県民に説明を丁寧にしていきたい」

一方、安倍総理に対し翁長知事は基地負担の軽減に対する認識の違いがあると述べました。

翁長知事は23日、「普天間の固定化があっちゃいかんというのは両方一緒で、それが県外か県内かの違いになってきますので、それは、これから詰められるものなら詰める話でしょうね。ただ、表向き言う言葉は一緒なんですが、中身が違うというところだと思います」と話し「固定化はあってはならい」とする総理との意見の違いを指摘しました。