きょうの学校紹介は、大会3日目宜野湾市立野球場の第1試合で美里工業との対戦が決まった宜野湾高校です。

去年果たせなかった夏の2回戦突破をめざす宜野湾高校。近づく夏に、より一層練習に熱が入る選手たち。そんな選手達から、一目置かれる存在がいます。

15-06-09-mezase01

輿那覇開己内野手「グラウンドの中で声も一番出てると思う。」

キャプテン野原陽介「寿希がいてくれるからチームが作れている感じ。」

嘉数寿希君。彼の野球への姿勢はチームの誰もが認めています。

照屋拓己監督「先輩ですけど一番早く来て準備したり、または一人で素振りしたりそういう面は周りが見て評価しているんじゃないかなと思います。」

嘉数寿希内野手「終わった後にあーやれば良かったとか言いたくないので。完全燃焼したいんでやるだけやりたいです。」

チームからの信頼も厚く、副キャプテンも担う嘉数君。しかし、その信頼は最初からあるものではありませんでした。

キャプテン野原陽介「第一印象は良くなくてあいつは。」

照屋拓己監督「高校生らしくないような髪型を最初していたんです。」

15-06-09-mezase02

中学校の野球部卒業後、遊びたい気持ちが強かったという嘉数君。しかし、高校野球への思いが消えることはありませんでした。

嘉数寿希内野手「小学校低学年くらいの時から、あの時に八重山商工とか浦商が甲子園に行っていたのをずっと見ていて(甲子園に)絶対行きたいと思っていました。」

野球だけやっていればいいと思っていた中学時代とは違い、高校では、勉強も部活も精一杯やろうと決めたといいます。

嘉数寿希内野手「高校まできてちゅーばーぐわーしー(強がっても)しても野球やっていけないし、野球は中途半端にやらないと決めました。」

その姿が、仲間たちの野球への思いをさらに押し上げました。

輿那覇開己内野手「自主練とかみんなが帰った後に一人で素振りとかして頑張っているから自分も後押しされて頑張ろうと思います。」

15-06-09-mezase03

金城龍樹開己外野手「ずっとみんなの為になにかつくそうという気持ちが強かったので自分もこういう人みたいになりたいなと思って。」

野球が好きな気持ちはどこにも負けない。宜野湾高校!まっすぐな姿勢で甲子園を目指します!

キャプテン野原陽介「この夏、優勝決めてこのチーム甲子園行きます。」

金城龍樹開己外野手「目標は甲子園出場です。」

嘉数寿希内野手「まず二回戦突破して勢いで甲子園行きたいです。」

15-06-09-mezase04 「優勝するぞ!」