青少年の健全育成やそれを実現する社会の有り方などについて考える大会が開かれました。

この大会は子ども・若者育成支援強調月間の一環で開かれ地域ボランティアに励んだ児童や生徒のほか、子ども達の健全育成に尽力した人たちが表彰されました。

また、「青少年の深夜はいかい防止県民一斉行動」作文の部で県知事賞を受賞した八重山農林高校3年の新垣未来さんは「深夜はいかい・飲酒・喫煙など未成年を取り巻く問題行動は後を絶たず、親や先生とぶつかることがある。しかし、大人の話を受け入れる心があれば状況はいくらでも変えられる」とアルバイトの経験から感じたことや考えたことを発表していました。