県産の食肉や卵をPRしようと、11月29日の「いい肉の日」に向けて、消費拡大キャンペーンが10月31日から始まりました。

このセレモニーは県内での畜産業の認知度アップを図り、生産意欲と消費意欲をあげようと初めて開かれたものです。

セレモニーで県食肉連絡協議会の酒井会長は「県産の食肉や卵が多くの食卓に並ぶように願います」とキャンペーンのスタートを宣言した後、県産豚肉・あぐーの丸焼き200人分がふるまわれたり、県産の卵が無料で配られました。

11月は8日に糸満市でまーさんフェスティバルが開かれるなど、県産食肉をPRするイベントが各地で開かれます。