一方、県議会では27日に野田総理と面談した高嶺善伸議長も開会冒頭で普天間基地の早期閉鎖、返還と、県外、国外移設を求めたことを報告しました。

27日から始まった県議会一般質問で高嶺議長は野田総理との面談内容を報告。辺野古沿岸域への新基地建設に反対する意見書などを野田総理に手渡し「県議会としても普天間基地の早期閉鎖・返還と、県外、国外移設を強く求めた」と述べました。

このあと、野党議員らが普天間基地の移設問題を中心に、仲井真知事の考えを質し知事は「県外移設を求めていくことに、変わりはない」との見解を示しました。