News Photo

猛烈に強い台風が沖縄地方に接近しています。本島地方が6日の午後にも強風域に、大東島地方では6日の夜にも暴風域に入る見込みです。

猛烈な台風18号は5日午後3時現在、沖の鳥島の近海にあって1時間におよそ30キロの速さで西北西に進んでいます。中心の気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートルで、最大瞬間風速は80メートルと非常に強い勢力となっています。

台風は今後勢力を保ちながら北上する見込みで、6日の夜にも大東島地方が風速25メートル以上の暴風域に、本島地方でも6日の午後には風速15メートル以上の強風域に入る見込みです。

また、今回の台風の特徴は猛烈に強いものの大型ではないため、徐々に風が強まる大型の台風と違い、急速に風が強まる可能性が高く、沖縄気象台では高波や高潮に合わせて突風にも警戒を呼びかけています。