2019年1月10日 11時59分

県民投票 全市町村実施優先で選択肢増やす議論も

県民投票 全市町村実施優先で選択肢増やす議論も

県民投票への不参加を表明する自治体が相次いでいることを受け、県民投票の会が沖縄市の桑江市長を訪ね再考を求めました。

「辺野古」県民投票の会の元山代表らは、県民投票に参加しないと表明した桑江市長に対し、基本的人権である市民の投票権を奪わないでほしいと述べ、投票への参加を改めて求めました。

一方で、全市町村での実施が大事であるとして、埋め立ての賛否以外に「やむを得ない」などの選択肢を増やすことも考えざるを得ないとして、妥協点を探る姿勢も示しました。

桑江市長は、そうした場合は状況が変わるため投票実施を改めて検討できるとの考えを示しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.