2018年11月23日 18時27分

宜野湾市の松川市長が外来機飛来で抗議

宜野湾市の松川市長が外来機飛来で抗議

11月に入り、普天間基地へのジェット戦闘機の飛来が相次いでいるとして、宜野湾市の松川市長が沖縄防衛局に抗議しました。

沖縄防衛局を訪れた宜野湾市の松川市長は、11月に入って普天間基地には外来機のジェット機が毎週のように飛来していて、市民の負担は限界を超えていると抗議。

普天間基地の一日も早い閉鎖、返還を求めました。これに対し、沖縄防衛局の中嶋局長は外来機を飛来させないよう、すでにアメリカ側には申し入れを行っているが、引き続き申し入れを行っていきたいと述べました。

また、今後アメリカ軍と宜野湾市、沖縄防衛局などが騒音問題などについて話し合う場を設置する方向で調整を進めていると説明しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.