2018年5月17日 18時29分

川平地区建造物高さ制限緩和で住民が提訴

川平地区建造物高さ制限緩和で住民が提訴

川平地区の景観を守れ。地元住民が石垣市を提訴しました。

石垣市の川平地区は市の風景づくり条例で景観地区に指定され、建造物の高さが7メートル以内に制限されています。

しかし、石垣市は、川平地区内で予定されているホテル建設計画に関し、高さ13メートルを超える建物の建築を可能とする景観地区の変更を告示する方針を示していることから、17日、住民らが告示しないよう求めて那覇地裁に提訴しました。

川平公民館の高嶺善伸館長は「すべてが川平湾を含む自然と一体となったかけがえのない自然景観なんです。これを壊すということは、誰にも許されることではない」と話しました。

提訴について、石垣市は「訴状を見ていないのでコメントは差し控えたい」としています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.