2015年8月31日 18時50分

Q+スポーツ部 柔道世界選手権 七戸銀

柔道の世界選手権大会、那覇西高校出身の七戸龍選手が2年連続の決勝に挑みました。

柔道世界選手権・男子100キロ超級決勝。去年この大会準優勝で、リベンジを誓う七戸龍は、奇しくも去年の決勝と同じ相手、フランスのテディ・リネールと対戦。開始1分、積極的に前に出る七戸でしたが、逆に引き込まれ、技ありを許します。

その後も七戸は攻めの姿勢は崩さないものの、うまくかわされ、自分のペースに持ち込めず。雪辱はならず2年連続の銀メダル。頂点を目指す戦いは、これからも続きます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.