2014年12月29日 18時24分

年越しそば出荷がピークに

大晦日に間に合うようにと沖縄そばの製造工場では年越しそばの出荷がピークを迎えています。

糸満市西崎の沖縄そばの製造工場では、12月26日からすでに24時間体制で年越しそば用の沖縄そばを生産しています。

沖縄では、以前は、年越しそばの習慣がありませんでしたが、40年ほど前から日本そばの代わりに沖縄そばを食べて年越しを過ごす人が増えたということです。

以来、次第に需要が増え2014年は年越しそば用に73万食ほどを生産するということです。サン食品の諸見里よもきさんは「2014年の苦労を飲み込んで、沖縄そばのように太くて長い人生を、元気でがんじゅうに送っていただきたいという想いをこめ、長寿を祈願して食してもらいたいと思います」と話します。

また、2014年は県外への出荷も増えているということで、出荷量のおよそ2割が県外向けとなっています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.