2014年6月6日

めざせ甲子園!(5)北山高校 難病と闘う仲間と共に追いかける夢

今月21日に開幕する高校野球沖縄大会の出場校を紹介するめざせ甲子園。5校目のきょうは、北山高校です。 チームには難病と戦いながら「夢」を追い続ける選手がいました。去年春、プロ野球・読売ジャイアンツに入団した平良拳太郎投手を擁し初の県大会優勝を成し遂げた北...続きを見る

辺野古に調査船13隻

6月6日金曜日のニュースQプラスです。新基地建設に向けた動きなのでしょうか。 日米両政府による普天間基地の移設が予定されている名護市辺野古の沿岸部で6日、沖縄防衛局の調査船など、13隻が作業をしているのが確認されました。 棚原記者「大浦...続きを見る

市民団体が漁業制限水域拡大で県に要請

国の新基地建設に向け作業海域への立ち入りを制限する名護市辺野古の漁業制限水域の拡大について 6月6日、市民団体が、国に対し中止を求めるよう県に要請しました。要請したのは、平和市民連絡会のメンバーらで、県の水産課の職員に漁業制限水域の拡大手...続きを見る

採択地区協議会総会で竹富正式離脱

八重山採択地区協議会の総会が6月6日、開かれ竹富町教育委員会が、正式に八重山採択地区から離脱しました。 6日の総会では竹富町教育委員会の慶田盛教育長が5月末付けで、すでに協議会を離れているとして委任状を出して欠席しました。慶田盛竹富町教育...続きを見る

都市対抗野球 第3代表かけ 沖電は決勝に進出

都市対抗野球九州地区予選は最後に残った全国切符をかけ負けられない沖縄電力は6月6日、第3代表決定トーナメントの準決勝戦に勝って7日の決勝戦、進出を決めました。 初回、ゲームの主導権を握った沖縄電力はランナー2人を置いて先制点のチャンスを迎える...続きを見る

翁長市長「地元理解得られない移設案は不可能」

県知事選挙出馬への動向が注目されている那覇市の翁長市長は普天間基地の辺野古移設について「地元の理解を得られない移設案を実現することは事実上不可能」という考えを示しました。 翁長市長は「地元の理解を得られない移設案を実現する...続きを見る

粟国村長が固定資産税約28万円未納

土地や住宅などに係る税金、固定資産税を粟国村の村長が2年間、およそ28万円を納めていなかったことが分かりました。 粟国村役場によりますと、新城静喜村長は2011年2月に村内で鉄筋コンクリート製2階建ての自宅を新築しましたが...続きを見る

商談スキル向上セミナーを開催へ

2014年秋に本開催される沖縄大交易会を前に、海外企業との商談ノウハウなどを学ぶセミナーが開催されることになりました。セミナーは、県産業振興公社や日本貿易振興機構などが主催して開催します。 セミナーでは、2013年のプレ交...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.