2012年6月17日 17時47分

「配備許さない!」オスプレイ反対市民大会

アメリカ軍の新型輸送機、オスプレイの配備に反対する市民大会が17日、宜野湾市で開かれました。

市民大会は、アメリカ海兵隊の新型輸送機、オスプレイの配備に反対するため宜野湾市が呼びかけて開いたもので、会場には約5200人(主催者発表)が詰めかけました。

挨拶に立った大会実行委員長の佐喜真淳宜野湾市長は、「普天間基地に安全性が懸念されるオスプレイが配備されようとしていることについて、日米両政府に対し、直ちに中止するよう求める」と述べました。

また、宜野湾高校1年の喜屋武雅さんは、「これだけは聞いてほしい。オスプレイを宜野湾市に持ち込まないでください」と訴えました。

大会では、オスプレイ配備反対のほか、普天間基地の早期返還、返還時期の明確化を求める決議を採択しました。宜野湾市では、この決議文を持って、近日中に政府などに要請行動を行うことにしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.