2012年4月11日 18時34分

発射予告あすから 県内物々しい雰囲気に

北朝鮮が衛星と称する事実上のミサイル発射の予告日前日の11日、県内では対応に追われています。

自衛隊は北朝鮮のミサイル発射に備え、那覇市や南城市、宮古島市、石垣市に迎撃ミサイルPAC3を配備した他、被害が出た場合に状況を確認する部隊を与那国島などに展開しています。

また県教育庁は、市町村の教育委員会や学校長に児童・生徒の安全確保に努めるよう注意喚起の文書を送りました。さらに県庁には11日から自衛隊員5人が連絡要員として待機していて、物々しい雰囲気に包まれています。

一方、石垣市の教育委員会では10日、市内の学校に対して緊急時の対応を文書で指示するなど、発射時間に合わせた体制作りを進めています。

石垣市教育委員会の前盛善治教育部長は「12,13日における午前中の体育の授業につきましては午後の授業と入れ替えるか、体育館内での実施をお願いします」と発表。

そして、発射予告の期間に予定されている全日本トライアスロン宮古島大会の競技委員会は、競技中に発射された場合、レースは中断するものの、選手には中断を強制しないことを確認しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.