2011年2月25日 11時45分

県議会一般質問 防衛事務所 県に具体的説明なし

25日から始まった県議会一般質問で沖縄防衛局が名護市に設置する予定の「名護防衛事務所」が取り上げられましたが県は「具体的な説明は受けていない」と答えました。

一般質問初日、質問に立った渡嘉敷喜代子議員は、「名護防衛事務所は辺野古への普天間基地代替施設の建設を前提としたものではないか」と質しました。

これに対し、又吉進知事公室長は、「防衛局からは、北部地域の基地行政業務に適切に対応するための措置と聞いているが、具体的な説明は受けていない」と答えました。

沖縄防衛局では、名護市辺野古にある「連絡所」を、3月末から職員6人を配置した「防衛事務所」にすることを明らかにしています。25日午後には辺野古で座り込を続ける市民団体が設置詳細を確認するため防衛局を訪れます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.