2011年2月9日 11時45分

軍転協要請 政府との温度差浮き彫りに

県と基地を抱える市町村で作る軍転協のメンバーが8日菅総理らを訪ね、改めて普天間基地の県外移設や基地負担の軽減を要請しました。

要請には名護市の稲嶺市長など11の市町村長らも同行。菅総理に、日米共同発表を見直して、普天間基地の県外移設を実現するよう求めましたが、菅総理は「沖縄の負担軽減に努める」と答えるにとどめました。

メンバーたちは前原外務大臣や北沢防衛大臣とも対面しましたが、名護市に対する再編交付金を巡っては、稲嶺市長と北沢防衛大臣で意見が決裂。改めて政府と県の溝の深さを露呈する形となりました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.