2011年10月7日

与那国町住民グループが 自衛隊の与那国配備計画の撤回を要請

与那国島の自衛隊配備計画について反対する住民らが7日、計画撤回への支援を求める要請書と島民などの署名を県や県議会に提出しました。要請を行ったのは、自衛隊配備計画に反対する与那国町の住民グループです。 9月、住民グループは配備誘致の中止を求めて、与...続きを見る

枯れ葉剤問題 市民団体が外務省の独自調査を求める

1970年代、県内のアメリカ軍施設などで枯れ葉剤が使用されたとされる問題で、市民団体が7日、外務省に独自調査などを求めました。 外務省沖縄事務所を訪れた「沖縄・生物多様性市民ネットワーク」のメンバーらは、この問題を巡る外務省の対応について「枯れ葉...続きを見る

辺野古環境アセス裁判 裁判長ら現地で進行協議

辺野古への基地建設に反対する住民たちが、国に対して環境アセスメント手続きのやり直しを求めている裁判で、7日、裁判長たちが予定地で現地視察を実施しました。 名護市の辺野古漁協を訪れた那覇地方裁判所の酒井良介裁判長と、原告、被告双方の弁護士たちは、チ...続きを見る

泡盛メーカー 泡盛古酒のオーナーを募集

泡盛の古酒の価値をユニークなシステムで社会貢献に活かそうと、那覇市の酒造会社が7日、古酒銀行という名の貯蔵と販売方法を作りました。 古酒作りの際に手間のかかる作業を自動で行うタンクを導入。これにより、効率よく質のいい古酒の製造が可能となり、一般の...続きを見る

台湾建国100周年 那覇市で関係者が祝賀会

台湾が建国して2011年で100周年を迎えることを記念して、6日に那覇市で祝賀会が開かれました。 台湾の建国100周年を記念して開かれた祝賀会には、沖縄に在住する台湾人や国会議員、経済関係者などおよそ700人が参加しました。 主催者を代表し...続きを見る

泡瀬干潟を守る連絡会 埋め立て反対声明の賛同者を発表

泡瀬干潟の埋め立て中止を求めて裁判を起こしている市民団体が7日、埋め立てに反対する声明への賛同者を発表しました。 賛同者を発表したのは泡瀬干潟を守る連絡会とNPO法人ラムサール・ネットワーク日本です。 連絡会などでは埋め立て計画に経済的合理...続きを見る

あすから秋休み 二学期制の小中学校で終業式

二学期制を導入している那覇市の公立の小中学校は、7日で1学期を終え各学校では終業式が開かれました。このうち真和志小学校の終業式では、児童の代表が、「プールの授業でバタ足を一生懸命練習しました」と1学期に頑張ったことを発表しました。 広幸和...続きを見る

ウチナーンチュ大会もうすぐ ブラジルから県系人到着

12日から始まる世界のウチナーンチュ大会に参加するブラジルからの県系人が6日夜、那覇空港に到着しました。 第5回大会にも、およそ1100人あまりの県系人が参加するブラジル。6日はその第1陣となる58人が成田空港を経由して到...続きを見る

泊高校夜間部卒業式 夜間中学出身者の姿も

6日に行われた泊高校夜間部卒業式で戦中戦後の混乱などで義務教育を修了できなかった人々が学ぶ夜間中学、珊瑚舎スコーレの出身者も卒業証書を手にしました。 今回、泊高校夜間部を卒業した珊瑚舎スコーレの出身者は3人です。74歳になる高良敏子さんは、学...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.