2011年8月25日

元ひめゆり学徒講話 戦争体験を次の世代へ

沖縄戦当時、戦場に動員され、過酷な体験をした元ひめゆり学徒隊の生存者が一般を対象にした講話を行っています。 元学徒隊による戦争体験の講話は年間およそ1000回行われていて、ひめゆり平和祈念資料館では、夏休み企画として資料館を訪れた人を対象に講話を...続きを見る

八重山採択地区協議会 育鵬社の教科書含む15科目答申

八重山地区の教科書を巡る問題。八重山採択地区協議会は25日に育鵬社の教科書を含む9教科15科目の教科書を石垣、竹富、与那国の教育委員会に答申しました。 八重山地区の2012年度の教科書選定を巡っては、協議会の規約が突然変えられ、教員経験のある職員...続きを見る

宮古島でも今年6月 つくる会系教科書採択求める動き

つくる会系の教科書の採択を求める動きは、宮古島市でも起きていたことがわかりました。 宮古島市には2011年6月、新しい歴史教科書をつくる会の会長で、自由社の代表執筆者の藤岡信勝さんらが訪れ、川上哲也教育長に自社の教科書の説明をしていました。 ...続きを見る

高江通行妨害訴訟 裁判長が話し合いのルールづくり提案

東村高江区のヘリパッド建設工事で、国側が座り込みをする住民に通行の妨害の禁止を求めている裁判で、裁判長は「このままでは判決を出しても解決にならない」と双方が話し合い場を作ることを提案しました。 この裁判は、東村高江区で進められているヘリパッド建設...続きを見る

仲井真知事 トリイ海岸工作物を視察

アメリカ軍が読谷村のトリイステーションの海岸に造った工作物について、仲井真知事は8月25日、現場を視察しました。 仲井真知事は8月25日午前、読谷村の都屋漁港沖で行われた定置網漁を体験した後、2011年4月にアメリカ軍によって...続きを見る

首里高校グラウンド アメリカ製50kg不発弾見つかる

8月24日午後5時ごろ、那覇市首里高校のグラウンドで、新校舎の建設工事現場からアメリカ製の50キロ不発弾が見つかりました。 山田裕子記者「見つかった不発弾は、すぐに回収ができないため、土のうで固められています」深さ1.6メートルの...続きを見る

琉球大学生 国後島沖でロシア警備当局に拘束

8月21日、北方領土の国後島沖で、琉球大学の学生がロシア国境警備局に拘束されたことが分かりました。 学生は無事で、現在大学側は外務省を通して釈放を要請しています。無許可渡航の疑いでロシア国境警備局に拘束されているのは、琉球大学医学...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.