2011年5月14日

下地 国民新党幹事長 「嘉手納など3つを米側に提案」

国民新党の下地幹郎幹事長が14日、那覇市で講演し、普天間基地の移設方法としてアメリカの政府と議会関係者に、3つの選択肢を提案したと述べました。下地幹事長は5月初めにアメリカを訪問し、議会や政府の要人と会談。 その中で、普天間基地の現実的な移設...続きを見る

辺野古の浜に米軍フェンス 市民団体ら横断幕100枚張る

名護市辺野古の砂浜でアメリカ軍が設置工事を進めていたフェンスが完成し、市民団体や住民のほか、あす15日の5・15平和行進に参加する人たちが、基地建設に反対する横断幕を張りました。 フェンスは高いところで4メートルあまりで、キャンプ...続きを見る

米軍あすから即応訓練 「復帰の日に無神経」町民怒り

アメリカ軍は、15日から嘉手納基地で模擬爆発装置などを使った即応訓練を実施すると発表しました。沖縄が本土復帰から39年を迎える日の訓練開始に、反発が強まっています。 14日に嘉手納基地報道部が出した通知によりますと、訓...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.