2010年5月31日 18時32分

県連は「閣外協力もなし」社民、連立政権を離脱

News Photo

社民党は30日の全国幹事長会と幹部会で連立政権からの離脱を正式に決定、県内でも波紋がひろがっています。

30日、東京で開かれた全国幹事長会議には沖縄県連の新里米吉委員長、崎山嗣幸副委員長らが出席。沖縄県連は辺野古移設を明記した日米両政府の合意や福島党首が罷免されたことなどから「連立を解消し閣外協力もするべきではない」との意見を述べ、このあと開かれた常任幹事会は連立政権からの離脱を正式に決定しました。

連立政権からの離脱を正式に決めたことで県内でも反応がひろがっています。仲井真知事は「ひとつの政党が決める事なのでぼくがああだこうだというのはどうですかね」と述べたのに対し、名護市の稲嶺市長は「連立というのは違う意見や立場の集まりですから、そういう違う意見を排除するということは連立の在り方としてちょっとおかしいと思う。辺野古の海にも陸にも(基地は)つくらせない、と言ってきたわけですから、そのことは政府にもしっかり、これからもダメですということは突き付けていく」と語りました。

また、那覇市内で感想をきくと「非常に頼もしくおもってます。勇気ある強い態度で好感がもてると思います」「当然、意見が合わないし(連立に)いること自体おかしいと思います」などの意見が出ていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.