2010年5月19日 11時43分

久米島にサンゴ大群集

News Photo

久米島の南東部沿岸で数百メートル四方におよぶ巨大なサンゴ群集が広がっていることがWWFジャパンと地元住民との合同調査で確認されました。

このサンゴ大群集は去年8月、地元の漁業関係者とダイビング業者によって発見されました。「ナンハナリ」と呼ばれる島の東南部沿岸、水深およそ15〜35メートル付近にはミドリイシ属をはじめ多種類のサンゴの大群集が数百メートル四方にわたり広がっています。

研究者は「正確な規模はまだ判明していないがこの水深の海底に存在するサンゴの大規模群集についてはまだ研究例が少なく学術的価値は高い」と話しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.