2010年7月20日

65年前のきょうは1945年7月20日(金)

65年前の今日、宜野座村に初等学校が誕生。しかし多くの人々が集まっていた村内では、子どもたち全員が通えたわけではありませんでした。 県から南部地域住民の疎開地に指定されていた宜野座村。4月以降は捕虜になった住民たちを集めた収容所も作られ、宜野座...続きを見る

Qリポート 高齢者を事故から守れ

Qリポートです。ことしは去年に比べて交通死亡事故の件数が増えていて,その半数近くが65歳以上の高齢者です。高齢者を交通事故からどのように守るのか?中村記者です。 ことしも県内で多発している交通死亡事故。県警によると、県内の交通死亡事故人数...続きを見る

辺野古周辺の現況調査 防衛局へ詳しい説明求める

辺野古への基地建設に関連し、沖縄防衛局が名護市に求めていた現況調査の許認可について、稲嶺市長は防衛局に詳しい説明を求めるよう各部署に指示しました。 沖縄防衛局は辺野古沿岸部や大浦湾、辺野古ダムなどで生物や生態系などの調査を実施するとして6月に名護...続きを見る

東村高江区 ヘリパッド建設で補償案提示

東村高江区のヘリパッド建設計画に関連して、地元高江区が計画の受け入れを前提とした負担軽減策や補償を盛り込んだ要請書を20日に東村に提出しました。 東村役場を訪れたのは高江区の浦崎永仁区長で、誘導灯や騒音測定機の設置、また公民館の建て替えなどを求め...続きを見る

政府、先島に自衛隊配備を検討

政府が陸上自衛隊の部隊を宮古島と石垣島、そして日本最西端の与那国島に配備する方向で検討していることがわかりました。 北沢防衛大臣は「先島の防衛の拠点は極めて重要でさらに前向きに進めていきたいと思っている」と閣議後の会見で、先島への陸上自衛隊の配備...続きを見る

靖国裁判 原告心情訴え結審

沖縄戦で死んだ家族が「英霊」として靖国神社に祀られているのは耐えがたいと、遺族が国と神社を相手に名簿からの削除を求めている裁判が20日に結審しました。 この裁判は戦後の遺族給付金に当たる「援護法」を適用された沖縄の一般住民の犠牲者推定5万8000...続きを見る

一学期前半が終了 あすから楽しい夏休み!

県内の多くの小中学校では21日から夏やすみ。各学校では学期を締めくくる集会が行われ子どもたちは夏やすみの心得などをききました。 那覇市の城岳小学校では20日、全校児童585人が体育館に集まり、1学期前半の終わりの式が行われ...続きを見る

水上事故防止訓練 服を着たまま泳ぐ指導も

夏休みをまえに子どもたちに海やプールで遊ぶ際の心構えやあやまって海や川に落ちた時の心構えを学ぶ水上事故防止講習が20日、沖縄市で行われました。 水上事故防止講習は中城海上保安部の指導でおこなわれ、沖縄市の美東小学校の5年生およそ140人が参加...続きを見る

夏のごあいさつです デパートではお中元商戦スタート

本格的な夏に向けて県内のデパートでは20日、お中元商戦がスタートしました。那覇市の沖縄三越は20日からお中元ギフトセンターをオープン。出陣式で永峯三樹夫代表取締役は「ことしは2億700万円の売り上げを達成し、沖縄の景気を刺激したい」と挨拶し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.