2009年5月1日 18時45分

子育て応援団 たのしく感性を刺激

きょうは子育て応援団。子どもの可能性を伸ばしたいというのが親の思い。その子どもの可能性を伸ばす手立てとして習い事がありますがその習い事も時代と共に多種多様に変化しています。きょうは、こんな感性を育てる習い事を取材しました。

今!女性達の間で大人気の習い事といえば??この踊りは・・・フラダンス!!!『あたりー』おやっでもなんかちっちゃい足〜 かわいいでしょ?この教室には子どもクラスもあるんです。現在、最年少は3歳。

09-05-01kosodate001.jpg

ハワイの伝統芸能であるがゆえその精神もしっかり勉強します。言葉はもちろん、神聖な気持ちで仲間と心を繋いで踊るのがポイント。

先生「小さい子どもからお年寄りまでみんな一つの踊りを踊れるのでレベルはありますが、小さいうちからさせたいとこのクラスを作りました」

さあその実力はいかに〜??見てください。みんな意外と実力派でしょ?ゆったり簡単そうに見えるフラダンスですが、基本の姿勢は常に中腰背筋はまっすぐと結構ハード。子ども達も汗びっしょりです。

Q、フラダンスはどうですか? 空音ちゃん「楽しい!お母さんが行きたいところがあるっていって連れて来た。」Q、衣装はどうですか? リリアちゃん「ママが作ってくれたから嬉しい」

09-05-01kosodate002.jpg

実は、もうすぐ初めての発表会がやってきます。みんなうまく踊れたのでしょうか??『すごーい!いい表情!ブラボー!』リズムを刻み精神を集中して踊るフラダンス。子どもたちにとてもいい刺激を与えているようでした。

こちらは赤ちゃんからのリトミック教室。リトミックとは音楽と体の動きをあわせた音楽教育の1つですね。こちら『リトモ』では、0歳児からリトミックのクラスを開いていてこちらは1歳児のクラスです。音楽にあわせて動いたり止まったり、楽器に触れたり、50分間五感をいっぱいに使います。子どもたちもですがなんかお母さんも楽しそうですね〜 

お母さん「仕事をしているので時間を作って自分の時間でもあるし1対1の時間でもある。家で2人で過ごすより音楽を通してかかわることで心と心のスキンシップになる」

なるほど、小さいクラスは子どものためのリトミックというより親子のためのリトミックなんですね。

先生「赤ちゃんのうちは毎日の成長がすごく大きいので、普段なかなか聞けない音に触れ合うことでいろんな発見があるようですね。いろんな刺激をあたえてあげることは大事」

09-05-01kosodate003.jpg

小さい頃からいろんな習い事ありましたが子どもが楽しい、一緒に参加する親が楽しい、それが一番いい習い事タイムなのかもしれませんね。

楽しそうでしたね。小さい頃に受けた刺激が これから成長していくにつれて、いろんなところで芽を出していくのでしょうね。次回は6月、子どもの虫歯予防についてお伝えします

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.