2009年7月22日

Qリポート 宮森事故・精一杯生きた息子へ

Qリポートです。うるま市の宮森小学校にアメリカ軍機が墜落し17人が死亡した事故から50年。この節目に、これまで堅く口を閉ざしてきた遺族たちが事故について語り始めていますが、その中に、事故後17年経って後遺症で息子を亡くした女性がいます。短いながらも精一杯生きた...続きを見る

教えて!地デジぃ アナログ終了2年前(3)

今度の7月24日金曜日にアナログ放送終了2年前となることから,地デジに関する情報をお伝えしています。きょうは地上デジタルテレビのかしこい使い方を地デジ博士に紹介してもらいます。 は〜い!地デジ博士の地デジぃじゃ〜。やってきたのは電気店。たくさんの...続きを見る

那覇・沖縄・石垣 日食に各地で歓声

今世紀最長の皆既日食。県内では22日、最も北の有人島、伊平屋島で95パーセントの部分日食が見られました。伊平屋島、那覇市、石垣市、そして沖縄市の沖縄こどもの国で、動物たちの様子を取材しました。 那覇市の新都心公園で開かれた日食観察会には、朝から...続きを見る

那覇市でエコツアー 知りたい!省エネ製品

省エネ家電やエコポイント制度など、家庭電化製品のエコについて考えるツアーが22日、那覇市で行われました。このツアーは、市民の環境意識を高めようと那覇市が実施しているエコアクション連続講座の一環で、およそ20人の市民が市内の家電量販店を訪れました。 ...続きを見る

辺野古新基地アセス 市民団体が専門家名公表求め提訴へ

名護市辺野古での基地建設に向けて国が作成した環境アセスの準備書について、市民団体が22日、ジュゴンについて専門家の意見をまとめた際の議事録の公開を求めて裁判を起こすことを発表しました。 22日に会見を開いて発表したのは、ジュゴンネットワーク沖縄...続きを見る

46年ぶりの皆既日食 県内では部分日食観測

今世紀最長の天体ショー皆既日食が46年ぶりに観測された22日、県内では現在日食が観測されています。那覇市では10時54分に食の最大となりました。 那覇市の新都心公園では、観察会が開かれ、専用のグラスなどを用意した親子連れなどが400人ほど詰め掛...続きを見る

前職続々帰省 事実上の選挙戦スタート

衆議院が21日に解散し、前職の国会議員らは21日夜から22日朝にかけて続々と地元に帰ってきました。いよいよ総選挙に突入します。 衆議院解散後、沖縄の4つの選挙区の前職4人と比例区の2人は、党本部で公認証書を受けた後、昨夜からけさにかけて那覇空港に到着。支...続きを見る

県系2世から4世 沖縄学ぶ

移民として海外にわたった県出身者の2世らがルーツの沖縄について学ぶジュニアスタディーツアーの歓迎セレモニーがありました。 今年で9回目のジュニアスタディーツアーはブラジル、アルゼンチンなど9か国から、県出身者の二世から四世まで、合わせて18人が...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.