10 / 20« 先頭...91011...20...最後 »

2009年3月18日

文教厚生委員会 県「移植体制は維持できる」

県内で唯一、骨髄移植ができる琉球大学付属病院で専門医が3月末で退職する問題で、18日県は、医師3人は残るため骨髄移植は維持できるとの認識を示しました。県議会の文教厚生委員会で、社大の比嘉京子議員は、琉大付属病院小児科の骨髄移植チームの専門医が3月末で退職し、患...続きを見る

久米島病院問題で県 産科医師養成進める

公立久米島病院で産婦人科医師の不在が続いている問題で、県は18日、産婦人科医師の養成が必要だとの見解を示しました。これは18日の県議会文教厚生委員会で、与野党の議員が取り上げています。久米島病院の産婦人科は、2001年度に医師が不在となり、県立病院からの派遣も...続きを見る

はしかワクチン 今月中に接種を!

はしかの感染を防ごうと17日、県内の医師たちがワクチンの接種を呼びかけました。17日、県庁で会見を開いたのは、医師たちでつくる「県はしかゼロプロジェクト委員会」です。はしかは2008年、県内で41人が感染しています。はしかは感染者の1000人に一人が脳炎を起こ...続きを見る

2009年3月17日

県スポーツ振興で審議会 「子どもの体力向上」を答申

県内のスポーツ振興の柱となる県の基本計画の見直し策が17日、県に答申されました。県スポーツ振興基本計画は2002年から2011年までの県内でのスポーツ振興のあり方をまとめたものです。2007の調査で、県内の小・中・高校生の体力と運動能力が、すべての学年で全国平...続きを見る

幻の花 聖紫花 可憐に

石垣市では、幻の花とも呼ばれるセイシカの花が満開です。セイシカは石垣島や西表島の山間部に自生するツツジ科の植物です。石垣市のバンナ公園では植栽されたセイシカが満開で、甘い蜜の香りに誘われてミツバチもやってきています。また、公園を訪れた人たちが淡いピンク色の花を...続きを見る

Qリポート ジャズマン 屋良文雄

那覇市内のジャズバー「寓話」。軽快なジャズを織り成すのはこの店の主で、ジャズピアニストの屋良文雄さん。常連客「一度来て、非常に心に残るものがあったものですから。それから(沖縄に)来るたびに毎回来る」ジャズだけでなく、屋良さんの人柄に惹かれて店を訪れる常連客も多...続きを見る

県議会常任委員会 林道、泡瀬で審議続く

県議会は17日から常任委員会が始まり、泡瀬干潟埋め立て問題や国頭村の林道建設事業について、委員が県の対応を質しました。このうち経済労働委員会では、県が新年度から国頭村で2つの林道建設工事を実施する方針に対し、野党の委員らが「県の文化環境部からも林道工事で貴重な...続きを見る

2008年度 嘉手納基地の騒音増加

嘉手納基地を離着陸するアメリカ軍機の騒音が、2008年度は前の年より増加していることが17日にわかりました。嘉手納町基地渉外課によりますと、2007年度のアメリカ軍機の離着陸の回数は3万2500回あまりで1日平均では91回でした。これに対し、2008年度は20...続きを見る

北海道の春の味覚

新鮮な魚介類や、牛乳をたっぷり使った極上スィーツ。北の美味しさ満載の北海道の物産展が17日から那覇市で開かれています。毎年大人気の北海道の物産展ですが、けさは開店前からこの長蛇の列。お目当ては話題の生キャラメルと、オープニングサービスの新巻鮭。どちらも開店と同...続きを見る

大学教授やジャーナリストら 沖縄返還めぐる文書開示求め提訴

沖縄返還の際にアメリカ側の負担とされていた費用を日本政府が肩代わりした事を証明する文書の開示を求め県内や本土に住む学識者らが、16日東京地裁に提訴しました。沖縄返還に伴う日米合意文書の情報公開を求め東京地裁に提訴したのは作家の沢地久枝さんや沖縄や本土に住む大学...続きを見る


10 / 20« 先頭...91011...20...最後 »