2008年12月5日

環境家計簿 実証実験来年スタート

地球温暖化をより身近に考えてもらおうと、日常生活でどのくらい二酸化炭素を排出しているのかを調べる実証実験が、2009年1月から那覇市で行なわれます。これはユビキタス特区事業を展開している総務省が那覇市で開いた会見で発表したものです。今回、日本で始めて試験的に導...続きを見る

Qリポート ろう教育の課題

耳の不自由な「ろう者」にとって大切なコミュニケーションのひとつに「手話」があります。しかし以前、ろう学校ではその手話が禁止されていた時代があったのをご存知でしょうか。先月上演された、ろう者を主人公とした舞台を通し、現在のろう教育の課題について考えます。『現在、...続きを見る

大使がNZビーフPR

4日から沖縄を訪れているイアン・ケネディ駐日ニュージーランド大使が5日、那覇市のスーパーに設けられたニュージーランドビーフの試食販売コーナーでPRしました。エプロンに身を包んだ大使は、流暢な日本語で「ニュージーランドの牧草牛ですからほとんど霜降りはない」などと...続きを見る

元大リーガーが病院に 子どもたちを訪問

元アメリカ大リーグ、フィリーズの井口資仁選手が5日に南風原町の県立こども医療センターにやってきました。サイン入りのカレンダーをプレゼントしたり、一緒に写真を撮ったりと、小児病棟の子どもたちを元気づけた井口選手。子どもたちは終始笑顔で「井口選手はどうだった?」と...続きを見る

県議会 代表質問 論戦結果は

2日間にわたって開かれた県議会の代表質問が5日に終了しました。注目された泡瀬干潟訴訟や雇用問題などについて論戦が展開されました。泡瀬干潟訴訟で県と沖縄市が控訴したことを受け、代表質問では野党各党が工事を中断するよう迫りました。これに対し、県土木建築部の漢那政弘...続きを見る

年末年始控え防犯強化

年末から年始にかけてコンビニや金融機関を狙った強盗を防ぐため、那覇署は5日、警戒強化と各店舗の防犯診断を行うパトロールを開始しました。出発式には警察官およそ50人が参加し、那覇署の当真嗣邦署長から訓示を受けた後パトロールに出発しました。沖縄銀行本店では、強盗な...続きを見る

那覇署パトロールで防犯診断

年末年始にかけてコンビニや金融機関を狙った強盗を防ぐため、那覇署は警戒強化と各店舗の防犯診断を行うパトロールを実施しています。このパトロールはコンビニや金融機関に対し、警戒強化するものです。5日の出発式には警察官およそ50人が参加、那覇署の当真嗣邦署長から訓示...続きを見る

県 裁判中も泡瀬埋め立て進める

5日に開かれた県議会で、県は野党議員が泡瀬干潟埋立て事業の公金支出差し止めを求めたことに対し、事業推進に変わりはないと表明しました。代表質問最終日、共産党の前田政明議員が泡瀬干潟埋め立て事業の公金支出差し止め判決を不服として県が控訴したことに関し、裁判中の事業...続きを見る

風雨強く 冬本格化

5日の沖縄地方は高気圧の張り出しで、各地とも雨や風の天気となっていて、6日朝まで肌寒い一日となりそうです。沖縄地方は大陸高気圧の張り出しで寒気が流れ込み、5日早朝からの雨や強い北風に見舞われているため、気温が上がりません。那覇では午前10時を過ぎても17度以下...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.