1 / 21123...1020...最後 »

2008年12月31日

宮古島市 伊志嶺市長退任式

任期半ばで辞任する伊志嶺宮古島市長の退任式が職員や市民が駆けつける中31日、行われました。旧平良市、そして合併後の宮古島市の市長として14年余り勤めた伊志嶺市長は職員の相次ぐ不祥事の責任を取る形で任期を10ヶ月残し31日退任する事になりました。退任式は市職員や...続きを見る

平和通り 100円年越そばに列

大晦日の31日、那覇市の商店街では年越しそばを100円で振舞うイベントが行われました。このイベントは10年前から平和通り商店街が行っているもので日頃の買い物客に感謝を込めて100円の年越しそば300食を用意しました。100円とはいえボリューム満点の沖縄そばです...続きを見る

新成人は1万7608人

2009年の新成人の数はおよそ1万7600人で、離島などでは、年明け早々に成人式が行われます。県によりますと来年、成人式を迎えるのは1万7608人で前の年と比べ763人減少しています。新成人が最も多いのは那覇市の3693人、続いて沖縄市が1515人となっていま...続きを見る

大晦日 市場に活気

きょうは大晦日、ことしもきょうを残すだけとなりました。那覇市の市場では、お正月準備に向け朝から買い物客で賑わっています。那覇市牧志の公設市場では、年末年始に家族に振舞う料理の食材を買いに来た人達で朝から賑わいを見せています。買い物客の女性の一人は家族に好きな料...続きを見る

2008年12月30日

県教育庁 教員の大半が業務過多

県内の多くの教職員が自宅への持ち帰り業務を余儀なくされるなど業務過多の状態にあることが分かりました。これは、勤務時間や職場の悩みなどについて把握するため県教育庁が7月に実施した調査で分かったもので、県内の教職員全体のおよそ8割が回答しました。その結果、全体の6...続きを見る

新年号印刷 輪転機フル回転

今年もいよいよ残り1日となった30日、県内の新聞社では新年号の印刷作業がピークを迎えています。浦添市にある沖縄タイムスの印刷センターでは、122ページにわたる新年号の印刷が27日に始まりました。ここでは県内全域に届けられるおよそ20万部を印刷していて、31日夕...続きを見る

県出身Jリーガーを激励

サッカーJリーグでプレーする県出身選手を応援する会が29日夜、那覇市で開かれました。県サッカー協会が開いた激励会では、2008年の今年、川崎フロンターレを退団し、移籍先が注目されている元日本代表の我那覇和樹選手や、鹿島アントラーズの当間建文選手、そして2009...続きを見る

サルモネラ菌問題 知事がかねひでに謝罪

27日に県食肉センターで加工された豚肉からサルモネラ菌が検出された問題で、仲井真知事がきょう問題の肉が流通した店を訪れ、謝罪しました。サルモネラ菌が検出された豚肉は、南城市の県食肉センターで26日に加工されたもので、同じ日に加工され感染が疑われる豚肉703パッ...続きを見る

2008年12月29日

受験生は正月返上で猛勉強

今年も残すところあと2日となりましたが、県内の学習塾では29日から正月特訓合宿を実施しています。南城市の宿泊施設で正月特訓合宿を実施しているのは県内の学習塾トリプルアイグループで、入寮式には受験を控えた小学生から中学3年生まで、およそ120人が参加しました。生...続きを見る

帰省のラッシュ ピークに

年末年始をふるさとや観光地で過ごそうと、那覇空港では関東や関西方面などからの下りの航空路線のラッシュがピークを迎え混雑しています。那覇空港では先週末から帰省ラッシュがはじまりました。到着ロビーは29日も大きな荷物を抱えた家族づれや久しぶりの再会を喜ぶ友人同士、...続きを見る


1 / 21123...1020...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.