宮古島市へのまん延防止措置の追加と措置期間の延長が決まった県内では4月23日3人の死亡と新たに85人が新型コロナに感染したことがわかりました。

県によりますと新型コロナに感染し治療を受けていた那覇市在住の80代と70代男性と南部保健所管内の90代女性が死亡したと発表し、これで県内で亡くなった人の数は累計で133人となりました。

4月23日新たに10歳未満から90代までの男女あわせて85人の感染が確認され、そのうち37人は感染者と接触があり残り5割の48人の感染経路は不明です。

まん延防止等重点措置が4月24日から開始される宮古島では4月23日新たに13人が感染したことがわかり、また市内の接待を伴う飲食店では男性1人、女性7人の従業員の感染が確認され156例目のクラスターとなりました。

県がこれまでに感染を確認した人の検体を調べたところ、新たに57人が変異ウイルスのN501Yに感染していたことが分かり、県内で確認されたのは、150例となりました。

新型コロナ死亡3人新規85人 変異型ウイルスも確認