およそ1カ月半ぶりに30人台となりました。県内では15日、新たに39人が新型コロナに感染したことが確認されました。

県によりますと15日に新たに新型コロナへの感染が確認されたのは10代から90歳以上の男女あわせて39人です。これで県内での累計感染者数は2826人となりました。

県内ではここ最近の1日あたりの感染者数は10人台から20人台で推移していましたが、15日は8月30日以来に1日当たりの感染者数が30人台となりました。

15日に感染が確認された39人のうち家庭内で8人、飲食関係で3人など、あわせて16人はすでに感染が確認されている人との接触が判明していますが、残りの23人については感染経路不明です。

また15日の感染者のうちクラスターが発生している南部徳洲会病院でも患者2人、職員1人の合わせて3人の感染が確認されていて、南部徳洲会病院での感染者の合計は13人となっています。

県は「これまで那覇を中心としていた感染者が各地で散発的にみられるようになってきている」として、動向を注視することにしています。

新型コロナ 39人の新規感染者